アクセス解析
レンタル掲示板

2005年11月09日

悲運のギタリスト

なんと「ギター・マガジン」11月号で俺の尊敬する大好きなギタリストが
18ページにわたって特集されていた。
GuitarMagazine-Nov2005.jpg表紙を飾る桑田佳祐はさすがに21ページにわたって特集されているんだけど、それに迫る18ページもの特集を組まれたのは初めてだと思う。
TommyBolin1.JPG TommyBolin2.JPG TommyBolin3.JPG TommyBolin4.JPG TommyBolin5.JPG
もっと前に記事に書きたかったんだけど、なかなか時間がなくて。。。そのギタリストはTommy Bolin トミー・ボーリン。知ってる人は知ってると思うが、第4期ディープ・パープルにリッチー・ブラックモアの後釜として迎えられたギタリストで、イーグルスのジョー・ウォルシュの紹介でジョー・ウォルシュが元いたバンド、ジェームス・ギャングにも加入していた人なんだ。
この人のすごいところは、ジェフ・ベックがフュージョン・アルバム「Blow by Blow」やヤン・ハマーとの弾きまくりバトルを繰り広げたアルバム「Wired」を作る4年も前からフュージョン界で活躍してたということ。1973年に発表されたビリー・コブハムのアルバム「SPECTRUM スペクトラム」に参加。すごいプレイを聴かせて一躍注目されることとなったるんるん
その翌年には同じく、フュージョン・ドラマーのアルフォンス・ムーザンの「MIND TRANSPORT マインド・トランスポート」にも参加し、このアルバムでもいいプレイを聴かせてくれている。
ちょうど、この1973〜74年というのはジェームス・ギャングに在籍し始めた頃で、迎えられるときにバンドのメンバーはロックを演奏出来るのか、不安だったそうだ。でも元々ロックギタリストだから全く問題なく、加入し、しかもバンドの主要メンバーとしてアルバムの大半の曲を提供している。アルバム「BANG」と続く「miami」を発表したが、その後、脱退してしまう。結局、後釜として入ると元いたギタリストのように演奏して欲しいとファンは思うんだよね。でもギタリストのプライドとして自分らしいプレイをしてアピールするわけ。その辺にギャップがあって、トミーの場合はうまく行かなかった。

もっと読みたい方はこちらで
posted by りっち at 02:36 | Comment(2) | TrackBack(3) | 音楽全般| edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。