アクセス解析
レンタル掲示板

2008年07月07日

命の重さを問えるのか?

1ヶ月ぶりに映画を観た。観たのは『クライマーズ・ハイ』(PCサイトのみ)
climbers-high.jpg「・・・ジャンボが消えた?」
1985年8月12日、東京発大阪行き日航123便がレーダーから消えた。乗客乗員は524人。長野群馬の県境に墜落。地元の新聞社「北関東新聞」の編集局はにわかに騒がしくなる。全権デスク(いわゆるその事件の総責任者的存在)は悠木(堤真一)だった。四方八方からのプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも確固たる信念で任務を遂行する悠木だったが、混乱する現場で苛立ちや妬みに加熱する全国紙対地方紙の報道合戦、異常な熱気に包まれながら必死にもがき、信念を貫こうとする悠木はあるスクープをめぐって極限の決断を迫られる。
日航機墜落事故のことをもっと深く描いているのかと思ったけど、事故の内容よりはそれに携わった一記者の人生を描いている感じで昔の事故の奮闘と現在の生活が行き来していて、山登りのクライマーズ・ハイと貴社のスクープの感じをダブらせたり、山登りと人生を重ねてみたり、そんな表現だった。編集局での事件の取り巻きの模様など、臨場感もあって迫力もあってすごいと思ったんだけど、なぜかぼやけていると言うかまとまって見えなかった。映画自体がすごく長く感じた。


posted by りっち at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記| edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。