アクセス解析
レンタル掲示板

2013年07月28日

我が町のお祭りでよさこい!

夕方から我が町の夏祭りでよさこい演舞があった。
Mugen_Yaccha-Matsuri07282013dp1m03s.jpg

毎年参加しているお祭りだけど、今年から会場も時間も変わり、勝手が分からなかった。17時からの演舞。ステージとロードの二手に分かれての演舞は同時進行のため、時間の短縮にはなるものの、観客も分かれてしまい、どっちかに偏ってしまうという状況にもなった。
勝手がイマイチ分からないから流し踊りは踊り子に寄れたのに寄らなかったし、ステージはもっと前方に構えたかったのに観客が多くて脇のほうからしか狙えなかった。ホント、難しいよね。場所取り、踊り子たちとの距離で全然違った写真になっちゃうんだからね。俺はどちらかと言うと広角で出来るだけ近距離で狙う写真が好き。望遠でピンポイントで狙うのはいい。だけど、広角のレンズで思いっきり近づいて撮ると躍動感が違う。望遠なら正面の低い位置から狙うのが好きだな。なかなか思うようには撮れないんだけどね。5分という短い時間での勝負だから途中でいろいろ設定を変えてる暇なんかないから思い通りに行かないことが多い。ホント悔しいね。まだまだ頑張らなきゃ!
posted by りっち at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | よさこい| edit

2013年07月28日

騙されたのは結局…

今日も映画を観に行った。観たのは『モネ・ゲーム』。
monetgame-movie.jpg美術鑑定士のハリー・ディーン(コリン・ファース)は雇い主でメディア王のライオネル・シャバンダー(アラン・リックマン)が美術収集に夢中なことにつけ込み、モネの贋作を売りつけようと企む。贋作作家のネルソン少佐(トム・コートネイ)と組み、作戦を練る。モネの代表作「積みわら」には「夜明け」「夕暮れ」という2つの作品があり、その「夕暮れ」は行方不明のまま。それを最後に奪ったのはナチスのプズナウスキーという大佐だった。
そこでプズナウスキーの孫娘、PJを企みに引き込み、大金を奪う計画だったのだが…

ドタバタコメディ。もちろん予告を観てまぁありきたりなものだと思っていた。イギリス映画にありがちなシュールな笑い、下ネタなど、新鮮味は無かった。ただ最後の最後のどんでん返しにはやられた。この騙し方は気持ちいいね!全てが計画通りなのか?PJに対しての気持ちも上辺だけ?それとも?なんて思わせるほど、巧みに練られた作戦だった。クールだったね。単純に終わらせない捻りがあって一瞬で印象が変わったね。なかなか面白かった。
posted by りっち at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。