アクセス解析
レンタル掲示板

2014年12月23日

少し晴れ間も出て

Bridge12232014dp2-01s.jpg

今日は休み。9時前に目が覚めて外を見る。少し青空も見えたから撮影に出かけることにした。
まあ撮影と言っても名所や観光地ではなく、ブラブラしながら適当にスナップって感じ。フィルムカメラ3台、デジタルカメラ3台持って(笑)。スナップならもっと手軽にカメラ1台にレンズ2本ほどでいいんだろうけど、欲張りなんだよなぁ。
映画も予定してたから早々に切り上げたけど、それでもフィルム、デジタル合わせて200枚ほど撮ったと思う。帰って来て見るのも楽しいけど、やっぱり撮ってる時が一番楽しい。とにかくシャッターを切ってると落ち着くし、楽しいのだ♪
posted by りっち at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記| edit

2014年12月23日

運命の人というのは...

今日は祝日で仕事が休みだったからまた映画を観に行った。
観たのは『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』だ。
MIRACLE_movie.jpg書店で働く山本光(相葉雅紀)は幼い頃からマンガが好きで将来は漫画家になりたいという願望を抱き続けている。そんな光が描くデビクロくんは、優しくて気弱な光にだけ見える相棒。オブジェ作家の卵の杏奈(榮倉奈々)とは幼なじみでお互い無くてはならない間柄。
そんな光の目の前に運命の人が現れた。ソヨン(ハン・ヒョジュ)という名の知れた照明アーティストだが実は杏奈とは親しい間柄だったのだ。光のことを密かに思っていた杏奈だが光の恋の行方を応援することにしたのだが…

世間はクリスマスムード。クリスマスの雰囲気を味わうために観に行った。相葉くんも榮倉奈々もそんなに好きでもないんだけどね。すごく分かりやすいストーリー展開だから何も考えずに観ていられた。単純なんだけど、そこがいいね。
ちょっと変わった作風なのはデビクロくんがアニメなこと。アニメと実写の融合。途中でアニメだけのシーンもあったり、ちょっと変わった作風でどういう意図があったのかよく分からない(笑)。
posted by りっち at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit

2014年12月23日

ちょっとカメラの話

自分に撮っての標準画角がどうなのか、再確認をする意味で35mm換算30mm、34mm、41mm、45mmを使って同じ被写体で検証した。レンズ固定式コンデジ2台、一眼レフ2台を使用したけど、レンズ固定式コンデジは液晶を見て画角を決めるし、一眼レフは光学式ファインダーだからちょっと感覚が違う。現像した画像を比べてみてもイマイチ、ピンと来なかった。ということはやっぱり写真を撮る段階で決まる気がした。
目と目に入ってくる映像の距離感というのもあるのかもしれない。41mmが自分では標準だと思ってたけど、それは液晶画面で構図を決める時がそれがいいと感じるだけでそれがファインダーを覗いて見た時は41mmだと近いと感じるような気がする。ホント難しいなぁって思った。
今持っているレンズでもう2本、30mmと35mmがある。一眼レフSD15に30mmを付ければ、35mm換算51mmになり、SD1 Merrillに35mmを付ければ、52.5mmになり、この2本はやらなかった。けど、世間的にいわれている標準画角の50mmを越えるものは俺としては標準にならないかな?と思って今回のテストでは外した。
posted by りっち at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具| edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。