アクセス解析
レンタル掲示板

2011年10月16日

世界最初のヒーロー

昨日、時間が無くて書けなかったが、映画『
キャプテン・アメリカ
』を観た。
Captain_America_movie.jpg第二次世界大戦が始まった1940年初頭、愛国心溢れる貧弱少年スティーブは国のために兵士になろうといくつもの入隊テストを受けるものの、体格が小さいため、全く採用されなかった。それでも諦めずに入隊テストを受け続けるスティーブの不屈の精神がアースキン博士の目に止まった。アースキン博士は通常の人間の何倍もの体力を増強させた超人兵士を作るための血清を開発していたのだ。博士は以前ナチスに強いられ、この血清(開発中途の)をシュミットに使った。しかし、シュミットは邪悪な性格のため、超人レッド・スカルと化したのだ。この失敗を悔いるアースキン博士は改良された血清を作り上げ、そこに体は弱いけど、澄んだ心と強い精神を持ったスティーブをスーパーソルジャー計画に抜擢し、そして実験は成功。スーパーソルジャーとなったスティーブはレッド・スカルの野望を食い止められるのか?

マーベルコミックのなかで一番古いヒーローとして書かれたキャプテン・アメリカだが、その存在を知ったのはたくさんのヒーローたちがチームを組んで活躍する「アベンジャーズ」というシリーズ。最初見た時は「こんなヒーロー、いたっけ?」って思った。アメリカでは結構有名らしいけどね。俺は全く知らなかった。アベンジャーズはアメリカの政府機関S.H.I.E.L.D.がヒーローたちを集めて結成させた最強チーム。今まで上映されたマーベルコミック映画のヒーロー、スパイダーマン、X-MEN、アイアンマン、ハルク、マイティー・ソー、ファンタスティック4などなど、マーベルスタジオが制作した映画の最後にS.H.I.E.L.D.が現れてスカウトするシーンがあった。これが行く行くは映画『アベンジャーズ』への布石になるんだけどね。
で、このキャプテン・アメリカだけど、アースキン博士が実験で使う設備を作ったのがハワード・スターク、そうアイアンマンこととニー・スタークのお父さん!こんなところで繋がるんだよね。観ててなかなか面白かった。しかも敵が探し求め、手に入れた主神オデオンの秘宝「コズミック・キューブ」との関連もアイアンマンに繋がるとか、キャプテン・アメリカ本人とか本編よりその絡みのストーリーのほうが興味深かった。古い時代のヒーローだし、肉体的にも突然変異やら特殊能力があるわけでもないからキャラ的に弱いんだね(笑)。俺が思ったのは「アベンジャーズ」の映画に行くためにはこの「キャプテン・アメリカ」が必要だったから先にお披露目だけしたんじゃないかって。メインは「アベンジャーズ」だと思ったね!
オススメかって?そりゃ来年公開の「アベンジャーズ」に期待するならキャプテン・アメリカを知るために観とかないとダメだろうね!
posted by りっち at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230717247

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。