アクセス解析
レンタル掲示板

2012年07月28日

伝説が、壮絶に、終わる...そして

今日から公開になった映画『ダークナイト・ライジング』を観てきた。
Dark_Knight_Rises-movie.jpgハービー・デントの事件から8年、英雄になり、デント法が施行され、ゴッサムシティーに平和が訪れたと思われていた。デント殺しの汚名を着せられた闇の騎士バットマンは事件以来、姿を見せていたなかった。
そんな平和に見えたゴッサムシティーだが、地下では脈々と悪が目覚めかけていた。脅威のテロリスト、ベインが現れ、瞬く間に街は恐怖に陥れられるのだった。。。

かなりの前評判、期待からどんな作品になるのか、凄く気になっていた。前作が強烈なインパクトを持った作品だっただけに今回はどれほどのものか、興味津々だった反面、ベインのキャラクターをあまり知らないため、不安な部分もあった。以前のシリーズでグリーンゴブリンやジョーカー、リドラーなどは知っててもベインは知らなかったから(実はユマ・サーマンが演じたポイズン・アイビーの手下で出ていたらしい。全く印象に無い...)。
でもそんな不安は一気に吹き飛んだ。あの不気味な威圧感のジョーカーをも凌ぐ、ベインの存在感。脳裏にジョーカーの面影がちらつくくらいのインパクト。バットマンも全く歯が立たない強靭な肉体、そして全てを知り尽くしたかのような自信。そう、それがまた恐怖心を肥大させる。
もう細かいことは一切書けない。とにかく凄まじく、中盤での絶望感、終盤の喪失感、そして最後の最後で感動!こんなに心を揺さぶられ、震えが来て涙が出た映画は久しぶりだ。この感想すらネタバレになってしまうね。
ここまで素晴らしい映画に仕上がってるとは信じられないくらいものすごい映画だった。キャット・ウーマンの存在も良くて惚れてしまった。とりあえず、もう1回観たいな♪
posted by りっち at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283646643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。