アクセス解析
レンタル掲示板

2013年06月02日

壊滅した地球、人類の未来は?

作業のあと、映画『オブリビオン』を観に行った。
Oblivion.jpg2077年、地球はスカヴというエイリアンに教われ、なんとか勝利するが、放射能汚染により、壊滅状態となり、人類は土星の衛星タイタンに移住するため、仮住まいのテットという宇宙ステーションで暮らしていた。
ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)とヴィク(アンドレア・ライズブロー)は地球に残って監視していたが、ある日、飛行物体が墜落するのを目撃する。すぐに現場に向かうとそこにはカプセルに入った人間がいた。そのカプセルにいたのは毎晩夢に出て来る女性だった。一体何者なのか?そしてどこから来たのか?そして彼女を救ったせいで何者かに狙われ、捕われることになるのだった。

トム・クルーズがSF...これは大コケするつまらない映画だと期待しないで観に行ったんだけど、全くの予想外。すごく面白い映画だった。詳しいことは全然書けないほど、予期しない展開が続く。予想を裏切る展開にすごくのめり込んだ。映像も迫力あるし、綺麗だし、ストーリーもよく練られていてこれはなかなかの傑作だと思う。


posted by りっち at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。