アクセス解析
レンタル掲示板

2013年07月06日

正義の犯罪者

よさこい演舞のあと、映画を観に行った。
観たのは『ワイルドスピード EURO MISSION』だ。
Fast_and_Furious_EM.jpgモスクワで重要機密が奪われた。犯人はロンドンを拠点に活動する元軍人のショーン率いる集団。手口があまりに見事でしかも次のターゲットがアメリカに及ぼうとしていることを危惧するFBI捜査官のホブスは、ある人間に救いを求めた。かつて莫大な金をリオの犯罪王から奪ったドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちだ。ドミニクは一度は断ったもののホブスが持ってきた情報にかつての恋人レティ(ミッシェル・ロドリゲス)の写真が。ドミニクは動揺し、真相を確かめるために依頼を受けるのだった。そしてかつての仲間たちを招集させ、犯罪組織に立ち向かう。

シリーズ第6弾。と言っても3が番外編のような内容だっただけに4からの3部作という形になってると思うが、今回は前作を遥かに凌ぐほど強烈で派手なアクションでかなりスケールアップした感じがしたね。今までは街の強盗団レベルの話が、国家を揺るがすくらいの強大な犯罪集団に歯向かうほどに成長してるんだから。それも今までの仲間たちだけだもんね。すごいよ。それに死んだはずのレティ?らしき女性も現れるは、大好きなジゼル(ガル・ギャドット)が最後...あぁぁぁ何でだよ???って思った。それまで爽快気分だったのになぁ。こんなショックな終わりになるとは思ってなかったし、最後更にハンが...
伏せてもここまで書いただけでこれから観る人には面白みが減るよね。とにかく最高に激しくかっこいい映画だった。これ観るとスポーツカー欲しくなるんだよね。GT-Rやマスタング乗ってみたいなぁ。
posted by りっち at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368493768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。