アクセス解析
レンタル掲示板

2013年07月27日

終戦への決断

今日は映画『終戦のエンペラー』を観に行った。
Emperor-movie.jpg終戦直後の1945年8月30日、日本に降り立ったGHQ(連合国最高司令部)の司令官ダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)は日本文化に精通している部下のボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者が誰か探し出すよう命じた。期限は10日間。調査は難航したが、懸命な調査で少しずつ事情が分かって来た。しかし、それを証明する証拠は無い。最終的にまとめた報告書は...そして事情を知ったマッカーサー元帥が出した最終判断は...

もっともっと歴史的な話かと思ったが、どちらかというとヒューマンドラマだった。フェラーズ准将と彼が愛した日本人女性アヤへの想いと日本への思いやりで日本のその後を決めた素晴らしい話だ。どこまでが事実なのかは分からないが、昭和天皇がマッカーサーに述べる言葉、姿勢に感動した。その行動がその後の日本をそのままで持ち堪えた証だろう。
posted by りっち at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370428575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。