アクセス解析
レンタル掲示板

2013年08月11日

これが人類の終焉か

今日は映画『ワールド・ウォーZ』を観てきた。
World_War_Z.jpgテレビでは謎のウィルスが蔓延しているというニュースが流れるそんな朝、いつものように車で出かけたジェリー・レイン(ブラット・ピット)家族は渋滞で進まない車の中にいると前方で突然の爆発、そして後方からは暴走トラック。周りはパニック状態で何が起きたのか分からぬまま、このままではマズいと思ったジェリーは一目散に車を走らせる。その時、パニック状態の群衆の中に狂った人が人を襲う姿を見たのだった。まさしくウィルスに冒された感染者Zだった。
次々に襲って来るZを躱し、安全な場所を探しまわっているとき、国連事務次長から電話が入り、この事態を解決させるために力を貸して欲しいということであった。。。

いわゆるゾンビ映画なのだが、それを地球規模に広めたディザスター(惨事)映画だ。テーマはありきたりだが、ゾンビと世界規模の災害を一緒にしたことがなかなか画期的ということか?俺としてはイマイチだったなぁ。ゾンビとどう対峙するのか、どう戦うのかというのがなかなかいいアイデアだとは思ったけどね。すごくコンパクトにまとめ、ダラダラとした話にならなかったのが功を奏すのかどうかだな。呆気ない終わりがちょっと物足りなくも感じたけど、これ以上細かく描いたら逆に間延びして良くなかったのかもしれない。


posted by りっち at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。