アクセス解析
レンタル掲示板

2013年08月26日

地球の行く末...

日付が変わってしまったけど、昨日曜日は映画『スター・トレック・イントゥ・ダークネス』を観てきた。
Star_Treck_into_Darkness.jpgある日、宇宙艦隊資料保管庫で爆発テロが発生。ただちに招集された宇宙艦隊の上層部は緊急対策会議を開いていた。だが保管庫の情報は公開されているのに何故わざわざ保管庫を狙うのかと疑問に思ったキャプテン・カーク(クリス・パイン)は狙いがここにあると気付いた瞬間、窓の外から銃撃され、そこで父親がわりの存在だったパイク提督が亡くなる。その事件を起こした張本人は謎の男ジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)を捕らえるため、仇を討つため、追跡するのであった。

めちゃくちゃ面白かった。最初から引き込まれ、話がどんどん面白くなって行く。人間ドラマもそうだし、ミステリー的要素もあり、いろいろ展開あり、スピード感、緊迫感、アクション、そして映像美ととにかくすごくてホント楽しめた。人間ドラマとしてもジーンと来て泣いてしまったしね。これはもう1回観に行ってもいいなぁ!


posted by りっち at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。