アクセス解析
レンタル掲示板

2013年11月03日

天才でも何でもない、ただただ正直に

そして2本目は『スティーブ・ジョブズ』を観に行った。
Jobs-movie.jpgApple創業者のスティーブ・ジョブズの伝記映画。今ではiPhoneのおかげでそれなりに知名度も出た会社でAppleが立ち直って怒濤の勢いで成長し、素晴らしいプロダクトを世の中に送り出してからの印象しかない人も多いだろう。そんな人たちはこの映画をつまらない映画だと思うかもしれない。ただ俺としては元々自分勝手で荒くれ者の若きスティーブを描いたこの映画はそれなりに面白かったし、実際もっと酷い人間だったと思う。世間では神がかった天才みたいに思われているけど、とても傲慢で人間臭い人だ。
映画ではAppleに復帰する辺りまでしか描かれてなく、Appleを創業し、そこからAppleを追われる辺りまで、そして復帰する部分を描いているけど、俺としてはAppleを追われてからNeXTを創業し、それからAppleに帰るまでの部分を描いて欲しかった。スティーブにとってはAppleにいなかった時代、つまりNeXT時代が一番経営者としての資質を育んだ時期だったと思う。そこが知りたかった。あの破天荒がどう落ち着いたのかをね。それに今でも通用しているNeXT時代の技術を作り上げたエピソードなど、その部分が全くなかったのが残念で、それはやっぱりAppleのスティーブ・ジョブズだからなんだろうね。とにかくすごく有名なエピソードだけで構成されてたのが新鮮味に欠けたかな。それでもAppleが好きな俺にはとても面白い映画だった。


posted by りっち at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。