アクセス解析
レンタル掲示板

2014年05月24日

生きる理由

今日は映画『青天の霹靂』を観てきた。
Seiten_no_Hekireki.jpg冴えないマジシャン轟晴夫(大泉洋)はもう20年もマジックバーで働いている。後輩マジシャンはとっくに売れっ子になりテレビに出るし、何をやってもうまく行かない毎日を送っていた。
いつからだろう自分を「特別」だと思わなくなったのは。だけど、普通に生きるってことがこんなに難しいこととは知らなかった。。。挫折感いっぱいの晴夫に電話がかかる。高校卒業してから会ってない父が亡くなったと。ホームレスとなっていた父の住処に行ったとき、どうしようもない父の生き様を悔やむように悲しんだとき、雷に打たれた晴夫は、目が覚めるとそこは40年前の浅草だった。

すごく単純なベタな映画だけど、泣かされてしまった。両親のことを憎む晴夫が実際に自分が産まれる前の両親に会い、事情を知ったとき、晴夫の後悔はハンパ無かったと思う。でもそれが逆に生きる意味を見つけた貴重な体験だったとも言える。肝心なことはネタバレになるから書けないけど、すごく心温まるいいストーリーだったと思う。大泉洋もすごかったけど、原作、監督、出演をこなした劇団ひとりもすごくよかった。そして母親役の柴咲コウがね。泣かされたよ。


posted by りっち at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。