アクセス解析
レンタル掲示板

2014年08月02日

覚悟と決断、未来のために

今日は昨日から公開になった映画『るろうに剣心 京都大火編』を観てきた。
Rurouni_Kyoto.jpg仲間たちとともに穏やかな日々を送っていた緋村剣心(佐藤健)はある日、大久保利通に呼び出され、京都で志々雄真実(藤原竜也)なる人物が新政府を転覆させる計画を企てていた。志々雄とは剣心が人斬り抜刀斎を辞めた時、後継となった人物だった。この反逆を止められるのは緋村しかいないと大久保に託された剣心は京都に行くことを決める…

待ちに待った続編、しかも前後編の2部作。「るろうに」と言えばこの「京都大火編」がクライマックスで、そう思うと前作は序章みたいなもんだ。今作もさまざまなキャラクターにそれぞれ似た役者を用意してすごくそれっぽく見えた。志々雄役の藤原は特殊メイクもあって似た雰囲気を醸し出していたけど、実際原作の志々雄はその存在感がもっと怖い。瀬田宗次郎(神木隆之介)も雰囲気はいい。でも実はもっと柔らかい優しい感じでそれが戦ったときのギャップがあって余計怖さを感じる。四乃森蒼紫(伊勢谷友介)も見た目はすごく似てたしね。
ただ剣心が人斬りに戻りそうになったときのあの鬼の形相にはほど遠かったけどね。とにかく更にスケールアップ、スピードアップしたアクションは激しく見応え十分だったし、2部作の前編として十分楽しめた。来月の後編が楽しみだ!
posted by りっち at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。