アクセス解析
レンタル掲示板

2014年08月16日

自分より大事に思える存在

今日は映画『ホットロード』を観てきた。
Hotroad.jpg母子家庭で育つ和希(能年玲奈)は自分が望まれて生まれて来た子じゃないと心を痛めて、不信感を持ち、反抗的な態度をとる。ある日、友だちに誘われて遊びに行った先で暴走族Nightsの春山(登坂広臣)と出会う。最初は馴染めない二人だったが段々惹かれていく。
春山はどんどん和希に惹かれて行くがNightsのリーダーを引き継いだことで敵対チームとの抗争に巻き込まれて行く。。。

全然期待もせず、ちょっと不安もありつつ、観に行ったが、ちょうど俺が高校時代の頃に出た原作。ちょうど青春を過ごした時代がかぶり、すごく共感が持てた。当時はホントあんな感じ。何も無く、女、バイク、音楽。そんな時代だ。当時は「湘南爆走族」や「ハイティーンブギ」を読みながらすごく憧れていたことを思い出した。
ただ今の時代にこの古臭い時代設定はどうなんだろう?とは思う。もっと現代的な設定でも良かったのでは?俺は正に同じ時代を生きたからすごく共感出来たけど、車離れ、草食男子的な時代にケンカ上等、暴走族とかなかなか馴染めないかなってちょっと思った。
posted by りっち at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403842499

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。