アクセス解析
レンタル掲示板

2014年08月30日

暗殺事件に関わる別の視点

今日はもう1本『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』を観てきた。
PARKLAND.jpg1963年11月22日、テキサス州ダラスで起きたケネディ大統領暗殺事件。この事件を違った側面から描いた物語。事件が起きたことで人生を翻弄された人々についての事件当日からの4日間を描いた作品だ。
事件の当事者、大統領の側近たち、そして事件を目撃した人たち、また被害者を診た病院のスタッフたち。事件についてではなく、事件の裏側で起きていたさまざまな人たちの4日間を描いている。正直、事件の真相についてもっと深く入り込んだ作品だと思っていたからかなり拍子抜け。映画の題材としてはアリなのかもしれないけど、面白みは無し。出来れば、事件の真実はこうだ!みたいな内容なら良かったのになぁ。。。
posted by りっち at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404611755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。