アクセス解析
レンタル掲示板

2014年09月13日

生を意識しろ!

今日から公開された映画『るろうに剣心 伝説の最後編』を観てきた。
Rurouni_Kenshin_Feel_the_Future.jpg前編「るろうに剣心 京都大火編」に続く後編。煉獄に乗り込んで薫(武井咲)を海に突き落とされ、その薫を助けようと海に飛び込んだ剣心(佐藤健)が海岸に打ち付けられたところを救出された。救ったのは師匠の比古清十郎(福山雅治)だった。
その続きから始まる今作だが、あらすじに関してはあえて書かないでおく。とにかく激しい殺陣が凄まじく、息を飲む勢いというか夢中になってしまい、ついつい体に力が入ってしまう。そして宿敵、隠密御庭番衆御頭の四乃森蒼紫(伊勢谷友介)との戦いではかなり興奮し、操(土屋太凰)の感情に揺さぶられ泣いてしまった。
またクライマックスの志々雄真実(藤原竜也)との壮大な戦いで圧倒的な強さを示す志々雄を見て、桁違いじゃないかって思った。詳しく書くと楽しみ半減するからやめとくけど、志々雄の事情が無ければ、剣心たちは全く歯が立たなかったと思う。
今作で完結。本当に面白い作品だった。二部作でも描ききれないほどの大作だけど、うまくまとめてると思う。とにかく面白かった。もう1回観たいくらいだ。武井咲のシーンが少なめなのがちょっと残念だったけど、話の展開上、まぁそれは仕方ないね。
posted by りっち at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405374617

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。