アクセス解析
レンタル掲示板

2014年10月04日

一瞬の出来事が人生を狂わせる

今日は映画『ファーナス 訣別の朝』を観てきた。
Out_Of_The_Furnace.jpg製鉄所で働くラッセル(クリスチャン・ベイル)は地道に勤勉に淡々と暮らしていた。同じ仕事をしてた父は既に高齢で体を壊して寝たきりの状態。それを叔父のレッドが面倒を見ていたが、それでも恋人リナ(ゾーイ・サルダナ)の愛に支えられながら平穏な日々を送っていた。
ある日、弟のロドニー(ケイシー・アフレック)はイラク戦争のトラウマからまともな職にも就かず、フラフラしていた。弟が借金をしているジョン・ペティに兄として借金を返しに行った帰り道、脇見をした瞬間に横から車がバックで出てきて激しく衝突。この一瞬の出来事がラッセルの運命は一変する。

なんとも切ない話だ。真面目で優しいラッセルが一瞬にして運命の転落。すべてを失ったラッセルの思い、生きる希望も無くなる。絶望感ってこうなんだろうなぁって思った。

何とも言えない。すごく暗い映画だ。でも絆とは何かってことを伝えてるようなそんな感じはした。すごく淡々として地味だけど、任侠映画だよね。
posted by りっち at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406544521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。