アクセス解析
レンタル掲示板

2014年10月30日

不正は決して許さない

時間が無くて記事を書いてなかった。
26日()、映画『イコライザー』を観た。
Equalizer.jpgホームセンターで働くロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は一人でアパート暮らしをする毎日。きっちり時間通りの行動で真面目に過ごしているが、夜眠れず、ティーバッグと読みかけの本を持参して近所の24時間営業のダイナーへ。
「老人と海」を読んでいたロバートに常連のテリー(クロエ・グレース・モレッツ)が声をかける。まだ幼げなテリーは似合わないどぎついメイクをし、ロシアン・マフィアに囲われた娼婦だった。
ある日、客に殴られたテリーは他の娼婦への見せしめのために痛めつけられ入院した。それを知ったロバートは9,800ドルで彼女を解放して欲しいとロシア料理店に乗り込み、お願いするのだが…

これはすごく面白かった。この人は一体何者?って感じで観ていて途中で正体が分かったけど、どんだけ強いんだというくらい強い。テリーの一件でとてつもない組織を相手にして行くが、それでもなお立ち向かって行くすごさがすごくかっこよく、正に正義の味方だ。
こういうヒーローものは面白いね。しかも普通の人っていうギャップがまたいいんだよね。また続編が観たいなぁって思うけど、それはないかな。
posted by りっち at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408034044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。