アクセス解析
レンタル掲示板

2014年11月08日

記憶が本当に正しいのか?

今日は映画『記憶探偵と鍵のかかった女』を観てきた。
Mindscape.jpg他人の記憶に入り込み、難事件を解決する記憶探偵のジョン・ワシントン(マーク・ストロング)は妻の自殺がきっかけで冷静に他人の記憶観察を出来なくなり、一線から退き、妻との思い出に浸る日々が続いていた。
しかし、金も底を尽きて来たジョンは現場復帰を願い、上司のセバスチャン(ブライアン・コックス)に頼むと16歳の少女アナが絶食し続けている事案を解決するよう依頼される。簡単な仕事だと思ったが、記憶に侵入してみると様々な経験を目の当たりにして、ジョンはこの少女を何とかしたいと思うようになる。だがそこにはとてつもない落とし穴が…

どんなミステリーが隠されているのか凄く興味深く観ていた。他人の記憶に入り込むという発想も凄いし、その記憶が絶対だと信じて真実を突き止めようとする純粋なジョンだったけど、最後の最後にあんなオチがあるとは思わなかったし、実際はどうだったのかハッキリしないまま終わった感じで頭の中が「???」って感じだった。もっともっと分かりやすい展開だと思ってたから、ちょっと戸惑ったけど、凄く練られたストーリーで話自体は面白いなあと思った。
posted by りっち at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。