アクセス解析
レンタル掲示板

2014年11月16日

大切なものを守るためなら悪魔もなる

今日は映画『ドラキュラZERO』を観てきた。
Dracula_Zero.jpg15世紀半ば、トランシルバニア地方を治める君主ヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)のおかげで民衆はは平和に暮らしていた。
ある日、ヨーロッパ攻略を狙うオスマン帝国から彼の息子を含む1,000人の少年の徴兵を要求する脅迫があった。愛する妻(サラ・ガドン)や息子、そして国を守るため、ヴラドは大国相手に反旗を翻し、圧倒的な敵の兵力に対抗するため、古代より伝わる絶対的な闇の力と契約を交わす。

予告を観てVFXが凄くて興味を持った。歴史ものはあまり好きではないけど、アクションヒーローものと思って観ればそれなりに楽しめると思った。やっぱり戦いのシーンなどの圧倒的な強さとかを観ると面白いと思った。でもクライマックスのシーンで何でそうなる?と思う部分もあったし、エンディングのシーン、おそらく劇中に登場した「前世と現世…」云々って言うセリフを表現するものだと思うんだけど、ちょっと違和感があってでもそれはそれで良くて…最後に言い放った一言がまた気になったり。なかなか楽しめた。
posted by りっち at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409036312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。