アクセス解析
レンタル掲示板

2014年11月16日

人の優しさに触れる町

今日はもう一本『トワイライト ささらさや』を観てきた。
Twilight_Sasarasaya.jpg突然の事故で夫ユウタロウ(大泉洋)を亡くし、生後間もない息子と途方に暮れる妻のサヤ(新垣結衣)。ユウタロウの葬儀のときに突如現れたユウタロウの父親(石橋凌)に驚く。夫からは天涯孤独と聞いていたのに…
その義父が息子のユウスケを引き取ると言い出したのだ。自分を見捨てた父が孫を引き取ろうとしてることを不安に感じたユウタロウは人に乗り移り、サヤをなんとか助けようとする。
なんとか逃げ出したサヤは以前、叔母と暮らした小さな町ささらに行き着く。そこでは優しい人々に支えられ、少しずつ逞しくなって行くサヤ。しかしそのうち義父が現れ…

いや〜泣いたなぁ。ベタな話なんだけど、福島リラ演じる母エリカとその息子ダイヤに乗り移ったユウタロウが語るシーン。エリカは一生懸命働き、ダイヤを愛しているけど、ダイヤは一言も喋らず感情を表さず、不安でしょうがない。そのダイヤの心情を代弁し、それを聞いてホッとして泣きじゃくるエリカの姿に泣かされ、そのあとはユウタロウとその父との確執、事実を知るシーンを観てまた泣いた。
愛情が素直に伝わらず、すれ違ったまま生きていた事実が分かって良かったなぁと単純に心打たれた。
posted by りっち at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。