アクセス解析
レンタル掲示板

2014年12月07日

運命の相手とは

今日は映画『バツイチは恋のはじまり』を観てきた。
Un_plan_parfait.jpg
イザベル(ダイアン・クルーガー)は彼氏のピエールと同棲中。
付き合って10年、二人はそろそろ結婚を考え始めていたがイザベルにはなかなか踏み込めない理由があった。それは「一度目の結婚は必ず失敗する。」というイザベルの家に代々伝わる呪いのようなジンクス。
何とかしてバツイチにならなくてはピエールとは結婚出来ないと焦るイザベルは偶然、お調子者で全く女気のない旅行雑誌の編集者ジャン=イヴ(ダニー・ブーン)と出会う。
ピエールとの幸せな結婚をするためにはなんとかしてジャン=イヴを落とし結婚、そして即離婚しなければならない。出会ったばかりの彼の世界半周旅行に同行することにする。ケニアでライオンに追われ、車も盗まれ、なぜかマサイ族の結婚式に参加し、全く興味のない相手との最低な婚活旅行をしているうちにイザベルはどんなことがあっても笑ってすべてを受け入れるジャン=イヴにいつしか惹かれ始めていく。。。

全国では9月から順次公開になった作品でこちらでは昨日からやっと公開になった。予告編を観てからずっと楽しみにしていた。
コミカルな感じで進んで行くんだけど、イザベルが恋してると勘違いしていたことに気づいた時の切ない感じ、でもそのあとにイザベルとジャン=イヴとの本当の恋が始まったような気がする。すごく素敵なラブストーリーで観て良かった。そしてエンドロールに映るNGシーンが可笑しくてまた楽しかったなぁ。ほのぼのした温かい気持ちになれた。
posted by りっち at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410260204

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。