アクセス解析
レンタル掲示板

2005年11月14日

最後の視線を感じながら

今日観た映画は『エリザベスタウン』(オフィシャルサイトはココ)

e-town.jpg笑いあり、悲しみあり、感動ありのほのぼのとした温かい映画。オーリーことオーランド・ブルーム主演のヒューマンドラマなんだけど、オーリーの主演映画って初めて観た。ずっと時代物ばかりで顔立ちもそんな感じだもんね。オーリー見てたら、SMAPの稲垣吾郎ちゃんを思い出すのは私だけ??リズム感の悪さやわざとらしいリアクションとかそっくりひらめき髪型も似てるしねexclamation×2
相手役には「スパイダーマン」などで人気のキルスティン・ダンスト。この人、ブサイクなのになんでこんなに魅力的なんだろう?だから人気なのかな?プロデューサーがトム・クルーズっていうのも最後のエンドロールを見て初めて知った。
ストーリーはシューズ会社のデザイン担当のドリュー(オーランド・ブルーム)が新製品の失敗で10億ドルもの損失を出してしまう。それにより、会社はクビ。もう生きる気力をなくしたドリューに父、急死の知らせが!!父は実家のケンタッキー州の小さな街エリザベスタウンで急死し、その父を迎えに行く。そこからいろんな出会い、人々とのふれあいを通じての主人公の心理変化が描かれている。
他の共演者にはスーザン・サランドン、アレック・ボールドウィン(すげー太ったがく〜(落胆した顔))、ジュディ・グリア、「ステルス」のジェシカ・ビールも出ている。ジェシカって何度見ても嘉門洋子に見えるんだけど…俺だけ!?

ちょっと間延びしてる部分もあるにはあったけど、全体的にほのぼのしたいい雰囲気の落ち着いた映画で面白かったよ映画

人生最大の挫折を味わい、もう生きる気力さえないドリューを優しく支えるキルスティン・ダンスト演じるクレア。エリザベスタウンに向かう飛行機の中でたまたま出会ったんだけど、これが運命の出会いだったんだね。クレア自身は一目でそう感じてたのかもしれない。あれだけ自然にしかも人なつっこく、すぐに人の心の中に入って来れる素敵な女性っているんだね。葬式が終わって落ち込むのが分かってるドリューに一人旅を勧め、そのガイドをすべて手作りで地図やそのドライブ中に聴く音楽や写真など、あそこまで愛のある贈り物ってないと思った。それに最後には本人が待ってるなんて演出、すごくロマンチックでいいなぁ〜って目がハート黒ハートになってたと思う。

あと、笑えたのが、どうしようもなく行儀の悪いジェシーの息子を躾けるためにクレアがドリューに渡したビデオ。そのビデオがなんとシロアリ退治のために家ごと爆破してしまうっていうすごいビデオなんだけど、それまで騒いでいた子供たちが真剣にビデオにかじりついて観てる姿、そのビデオに出てくるオッサンが「このシロアリ退治が成功したら、みんなちゃんと両親の言うことを聞くんだぞ!」って言ったときに子供たちが「わかったー」って答えるシーンがすごく笑えて面白かった。
それと、葬式のセレモニーのときに、ジェシーが昔組んでたバンドが再結成されるっていうので、演奏したのが、俺が大好きなサザン・ロックの雄、「レーナード・スキナード」の”フリ−バード”。彼らの名曲だけど、この曲を聴くとホント切なくなる。レーナード・スキナードの曲はなぜか憂いがあるんだよね。すごく切なくなる。とにかくいい曲だよ!
その曲を演奏中に小火になって、セレモニーが大騒ぎになるんだけど、あの大騒ぎは要らないんじゃないかな?って気もした。でもその避難のときに見せたクレアの”最後の視線”を思い出にドリューは一人旅に出たんだけど、その結果、なんとすばらしいハッピーエンドになろうとは。とにかく観てて温かい気持ちになれたのがよかったなぁぴかぴか(新しい)
posted by りっち at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エリザベスタウン
Excerpt: 監督:キャメロン・クロウ 脚本:キャメロン・クロウ 製作:キャメロン・クロウ/トム・クルーズ/ポーラ・ワグナー 撮影:ジョン・トール 編集:デヴィッド・モリッツ 音楽:ナンシー・ウィルソン 衣装:ナン..
Weblog: 夢見る小悪魔
Tracked: 2005-11-14 09:42

『エリザベス・タウン』★★・・・30点
Excerpt: 『エリザベス・タウン』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/米                      配給;UIP  上映時間;123分        監督;キャメロン..
Weblog: ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
Tracked: 2005-12-02 13:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。